最近のトラックバック

« 【グループD/第2節】ガーナVSオーストラリア--キューウェル退場も守り抜くサッカルーズ | トップページ | 【グループE/第2節】カメルーンVSデンマーク--何が何でも徹底的にロンメダール #2010wc »

2010年6月21日 (月曜日)

【グループE/第2節】オランダVS日本--スナイデルの一撃を掻き出せず散る #2010wc

Copyright:AP

<試合内容>

ダーバン-ダーバン スタジアム

オランダ 1 - 0 日本

53分 スナイデル(オランダ)


<評>

所詮同様の布陣で臨んだ両チーム。オランダは日本が守備的に
来てカウンター狙いであることを予想してかサイドバックが
あまりオーバーラップせず。中盤のタレントのみで試合をすすめる。

日本は所詮同様阿部が中盤の底に張る守備的な布陣。
本田は前半こそワントップで体を張ったが、徐々に存在感を失い
ファンボメルとデヨングに消されていく。

今大会キレのある松井と大久保を中心にサイドから攻めるも
前線の枚数が足りず得点が奪えない。

ただ前半はスペースを完全に消していく日本の守備に
オランダも突破口を見いだせずスコアレスで終了。
消化不良の前半。

後半になるとオランダはファンデルファールトを中心に
試合を組み立て、徹底マークを受けているスナイデルを
うまく外して攻撃を組み立てるようになる。

そして後半開始早々ファンペルシーの落としを
スナイデルが豪快ミドルで先制。後にも先にもスナイデルが
仕事をしたのはこの場面のみであるといっていい。
世界との差はまだここにある。

1点をリードされた日本も積極的に1点を取り返すよう
攻めるが、ここでも決定力不足を露呈し得点が奪えず。
いまの守備的日本では先制されると逆転できるだけの力はなかった。
1点取ってからのオランダは、交代選手以外はリスクを冒さず
きっちりとした守備ブロックをつくって日本に攻めさせない。

そのまま試合は終了し0-1で敗戦。
悪いながらも勝てるオランダ。決定的なチャンスもあり
サイドアタッカーの調子がよいのに得点が奪えない日本。
世界との差はまだまだ。
しかし結果という点だけ見ると第3戦につなげる最少失点に
とどめた点は評価できる。

デンマーク戦は24日。ベスト4になるには勝たねばなるまい。

« 【グループD/第2節】ガーナVSオーストラリア--キューウェル退場も守り抜くサッカルーズ | トップページ | 【グループE/第2節】カメルーンVSデンマーク--何が何でも徹底的にロンメダール #2010wc »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2492/48684854

この記事へのトラックバック一覧です: 【グループE/第2節】オランダVS日本--スナイデルの一撃を掻き出せず散る #2010wc:

« 【グループD/第2節】ガーナVSオーストラリア--キューウェル退場も守り抜くサッカルーズ | トップページ | 【グループE/第2節】カメルーンVSデンマーク--何が何でも徹底的にロンメダール #2010wc »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ