« 【W杯レビュー】最終節全試合視聴中ですのでレビューお待ちを | トップページ | 【グループD/最終節】オーストラリアVSセルビア--運動量中心、現代サッカーの縮図を見る #2010wc »

2010年6月29日 (火曜日)

【グループD/最終節】ガーナVSドイツ--新世代ゲームメーカー本領 #2010wc

<試合内容>

ヨハネスブルグ-サッカーシティ

ガーナ 0 - 1 ドイツ

60分 エジル(ドイツ)


<評>

前半から組織的な組み立てで、突破をはかるドイツと
一発カウンターを狙うガーナ。じりじりとしたせめぎ合いは
若きサイドタッカーの突破とゲームメーカーの一発で決着。
トマス・ミュラーが中に切れ込み突破すると、今大会に入り
特に個性を発揮しているメスト・エジルが左足で正確な
ミドルシュートで先制。これが決勝点に。
エジルとミュラーはスペースの使い方が抜群に良く
今大会特にキレが良い二人である。
ガーナもアフリカ勢では唯一いっていいほど戦術がカウンター中心に
確立されており、決勝トーナメントでは活躍が期待される。


決勝トーナメント1回戦

ドイツVSイングランド
アメリカVSガーナ

|
| このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログパーツ

« 【W杯レビュー】最終節全試合視聴中ですのでレビューお待ちを | トップページ | 【グループD/最終節】オーストラリアVSセルビア--運動量中心、現代サッカーの縮図を見る #2010wc »

サッカーW杯2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2492/48747143

この記事へのトラックバック一覧です: 【グループD/最終節】ガーナVSドイツ--新世代ゲームメーカー本領 #2010wc:

« 【W杯レビュー】最終節全試合視聴中ですのでレビューお待ちを | トップページ | 【グループD/最終節】オーストラリアVSセルビア--運動量中心、現代サッカーの縮図を見る #2010wc »