最近のトラックバック

« ASUSTeK(アスーステック)ネットブック開発者インタビュー | トップページ | 本日10/1は天下一品祭り。ラーメン一杯につき無料券が一枚もらえます。 »

2008年9月29日 (月曜日)

東芝のネットブック「NB100」はdynabook/Qosmioラインとは完全に別ライン

■東芝、同社初のネットブック「NB100」(impress)

国内大手のネットブック日本参入正式発表。

CPU     Intel Atom N270(1.6GHz)
チップセット モバイルIntel 945GSE Express(ビデオ内蔵)
メモリ    1GB
HDD    120GB
ディスプレイ  8.9型1,024×600ドット(WSXGA)Clear Super View液晶(LEDバックライト)
通信機能   Ethernet、IEEE 802.11b/g無線LAN、Bluetooth Ver.2.1+EDR
インターフェイス USB 2.0×3、ブリッジメディアスロット(SDカード/SDHC/MMC/
          メモリースティック/メモリースティックPRO)×1、ミニD-Sub15ピン
バッテリ     リチウムイオン充電池
駆動時間   2.9時間
その他     30万画素CMOS Webカメラ、マイク、ステレオスピーカー内蔵


これ、東芝の設計じゃないですね。

あの会社のOEMですよね。




ダイナやコスミオのブランドを使っていないところから考えると、

本来のノートパソコン事業を守りたい

という意図がモロに伺えます。

というかそう見えます。




仕様にも特に日本らしさは見えないし

価格あわせるためにやっつけで作った感があるな。

東芝が本気ならリブレットブランドで乗り込んでくるハズです。

欧州にくらべHDD容量も減ってるしちょっとガッカリ(´;ω;`)




ネットブックはまだダメだ。

« ASUSTeK(アスーステック)ネットブック開発者インタビュー | トップページ | 本日10/1は天下一品祭り。ラーメン一杯につき無料券が一枚もらえます。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2492/42633693

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝のネットブック「NB100」はdynabook/Qosmioラインとは完全に別ライン:

« ASUSTeK(アスーステック)ネットブック開発者インタビュー | トップページ | 本日10/1は天下一品祭り。ラーメン一杯につき無料券が一枚もらえます。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ