最近のトラックバック

« 【W杯】ロシツキー躍動!チェコが得意のパスワークでアメリカを蹂躙 | トップページ | マランツ、iPodとAV機器を接続する専用おしゃれドック »

2006年6月13日 (火曜日)

【W杯】イタリア、攻撃的サッカーで勝利


Itagna
ピルロは無回転のミドルシュートをゴールに突き刺す
Copyright:AFP


【グループE/ハノーファー】

イタリア 2 - 0 ガーナ

<得点経過>

[イタリア] ピルロ '40
[イタリア]イアキンタ '83

<試合評>

イタリアが前線のトーニ、ジラルディーノ、トッティのトライアングルで
攻撃的サッカーを展開。予選グループ不調のジンクスを払拭した。
前半40分ピルロがこの大会を象徴するようなすばらしいミドルシュートを決めた。
ガーナもエッシェン、ムンタリを中心によく攻めたが決定力を欠いた。
シュートが乱れ飛ぶ攻撃な試合でオモシロイ試合だった。

にほんブログ村 サッカーブログへ

« 【W杯】ロシツキー躍動!チェコが得意のパスワークでアメリカを蹂躙 | トップページ | マランツ、iPodとAV機器を接続する専用おしゃれドック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W杯】イタリア、攻撃的サッカーで勝利:

» E組イタリア対ガーナ。 [kasumidokiの日記]
サッカー、ワールドカップW杯、4日目イタリアvsガーナ。 ハノーファーにて。 イタリアCK、もう1回。さらに、CK。 4ダニエレ・デ・ロッシ、イエロー。 ガーナFK、カウンター。 おしい、ゴールポストに当たって外。イタリアCK。 ガーナ、ハンド... [続きを読む]

« 【W杯】ロシツキー躍動!チェコが得意のパスワークでアメリカを蹂躙 | トップページ | マランツ、iPodとAV機器を接続する専用おしゃれドック »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ